合宿免許のベストシーズン

普通第二種免許とは

タクシー運転手になるのに、必須となるのが普通第二種免許です。普通第二種免許とはお金を稼ぐために、お客様を乗せて運転をするという職種に必要な免許で、タクシー運転手は普通自動車なので、普通第二種免許ですが、バスなどは大型第二種免許が必要となります。他にも大型特殊第二種免許と牽引第二種免許もあります。普通第二種免許の受験資格は21歳以上とされておりますが、第一種免許を取得してから3年が経っていないと21歳以上であっても受験することが出来ません。また、普通第一種免許と同様視力や聴力などの規定があります。第二種免許を取得するための流れとしては、普通第一種免許と同様、学科試験を合格後技能試験が行われます。第二種免許の場合には、学科試験と技能試験を合格した後に応急救護処置講習と旅客者講習を受けると免許証を取得できます。学科試験はマークシート式で95問となっており、100点満点中95点以上が合格ラインとなっており、一種免許に比べると問題も難しく、合格点も高くなっています。さらに大型第二種免許や牽引第二種免許、大型特殊免許とも問題が同じなので、普通第二種免許を取得するための学科試験でもバスなどの問題も出るので、勉強しなくてはなりません。しかし、普通一種免許を取得する際に学んだことも関係しているので、一から勉強する必要はないので、思い出しながらやると問題ないでしょう。技能試験では第一種免許取得のときと同じように、教習所内で練習して試験を行い、その後路上に出て試験を行います。こちらも採点の合格ラインは90点と普通第一種免許に比べて高くなっており、お客様を乗せるという意味合いでも採点基準も厳しくなっています。教習所内での試験では縦列駐車や方向転換、鋭角のコースの旋回などがあります。第二種免許を取得しようと思う方は、運転に自信のある方が多く、試験に出題されるコースはなんなくこなせるのですが、自分の運転の癖がついているため、正確な運転と判断されず減点されてしまうケースが多くあります。自分の癖を直し、運転技術を磨く必要があります。普通第二種免許はお客様を乗せてサービスを行うための免許のため、普通第一種免許より試験が難しく、採点基準も厳しくなっています。人の命を預かるという大切な役目があるので、厳しくなるのは当たり前のことです。タクシー運転手やバスの運転手になるためにはこの難関を突破しなくてはなりません。